関東に住んでいるのですが、この地域は関東大震災の時に大きな被害を受けた地域で、尚且つ大きな断層がいくつもあるので、家を買う際は建てている工程や内面が見えない建て売りは怖くて検討外にし、地盤沈下などないよう断層等を調べて、土地探しから始めました。
建物は耐震性を重要視して、色々な建築会社を周り実際に見学し見積もりをお願いしました。

まず鉄筋建てか木造建てかで悩み、住宅展示場をや実際に住まわれてるお宅を拝見しました。
住宅展示場も一ヶ所ではなく、少し遠い所にある展示場にも行き色々な人の説明を聞きました。
予算の関係とわが家の構造で木造建てに決め、木造でも色々な建て方があるので色々見比べ見積もりをお願いし、実際に地震が起きた時の想定で検査している施設に行き、自分の目で確認してきました。
決めた建築会社で地盤調査をしてもらう時に立ち会い、自分達の目で確認しました。

阪神・淡路大震災、新潟中越地震、東日本大地震、熊本地震…。
どこの地域で大地震が起きてもおかしくない時代になってきています。
念には念を入れた耐震対策をしている会社選びをすること。
また、建設中何度も足を運びチェックすることをお勧めします。