一戸建て住宅ではリビング階段が人気です。かく言うわが家は吹き抜け天井ありのリビングオープン階段です。そして、友人宅は吹き抜け天井なしのリビング階段です。そして友人宅では、今ではリビング階段を塞いでいます。とはいえ、完全にリビング階段をふさいでいるわけではなくて、リビング階段の横部分にロールカーテンをつけているのです。

なぜに、リビング階段の横部分にロールカーテンをつけているのかと言いますと、「暖気が取られないように」ということです。温かい空気は上へ上へと上昇していきますよね。ですから冬場なんかは、リビング階段を通って、温かい空気が上へ上へと上昇していってしまうため、一階のリビングルームが寒いのだとか。

ですからリビング階段を通って、温かい空気が二階へと取られないように、ロールカーテンを階段横につけたのだとか。ちなみに夏場はロールカーテンを開けているそうです。まあ見た目は少しアレですが、よく考えた対策だなーと思ってしまいました。

リビング階段はスペースの節約につながっていいのですが、確かに冬場の無駄な二階の温かさはネックですからね。温めたいのはメインフロアである一階なのに、暖気が上へと上がりますので、このような対策をするのもいいなぁーとは思いました。わが家は吹き抜け天井があるのでロールカーテンの取り付けはほぼ無理ですが。